1. トップページ
  2. 肌のキメを整える化粧品~予算・テクスチャー別おすすめ

肌のキメを整える化粧品~予算・テクスチャー別おすすめ

肌のキメを整える化粧品ですが、直接的にそのような効果がある化粧品は存在しません。

肌のキメを整える化粧品を探しながらも、以下のような疑問はないでしょうか?

  • 本当に効くのか?言っているだけじゃないか?
  • 効果があっても高すぎたら続けられない

ですが肌のキメを整えるのは、シミやシワに比べて非常に簡単です。だから必要とされる基礎化粧品も高価なものは求められません。

肌のキメが悩みで良かったのです。キメが整うと毛穴も綺麗に、うまくいけばシミだって。

そのための条件を満たした化粧品は、予算別に並べると以下の通りです。

キメ成分の知識についてはこちら↓
肌のキメを整えるのに適した成分と化粧品種類

予算別・キメ対策におすすめの化粧品

肌のキメを整えるために適した成分を配合した化粧品。これを予算別・テクスチャー別に紹介。

1ヶ月7,000円・テクスチャー快適(オイリー・乾燥両対)

アスタリフト ジェリーアクアリスタの商品画像
  • ジェリータイプ
  • 先行美容液
  • 刺激成分ほぼなし
  • ヒト型セラミド1を含む3種類
  • 小顔になるハリ成分で表情キープ
  • 価格が高い

GOOD!
唯一のジェリータイプセラミド先行美容液。富士フィルムの技術力を結集しており、老舗コスメブランドにも真似できないセラミドジェリーです。洗顔直後に使うから、最もセラミドを効率よく補給でき、翌日1日ずっと肌の良さ和を感じません。キメ対策条件は全て揃っており、かつ表情キープ成分で小顔になるおまけ付き。

BAD!
価格がかなり高め。高級コスメの入門クラス。ただアスタリフトの化粧水などは3,000円台で普通。これだけ飛び抜けて高いのは、ある意味正直。セラミド配合はこれだけ。かなりコストが掛かっている証拠です。もし無駄に高いのなら、化粧水なども値上げするはず。ブランドイメージだけで高いのではなく、中身が伴っていて悪くありませんね。

1ヶ月2,500円・サラッと仕上がり(インナードライ・乾燥対応)

ETVOS モイスチャーライザーセラムの商品画像
  • 乳液代わりにもなる美容液
  • 仕上りはサラッと快適
  • ヒト型セラミド1を含む5種類(かなり優秀)
  • セラミドは人の肌にある状態を再現(馴染みが早い)
  • 成分内容に対して価格が安い
  • 植物エキスの種類が多く肌に合わない可能性が微存(まず大丈夫な濃度と種類)

GOOD!
価格の安さと内容のバランスがいい意味で崩壊している美容液。悩んだらこれでキメ対策はまず間違いありません。これでダメなら洗顔のしすぎや睡眠不足が原因でしょう。価格も安く、定期購入すればさらに安くなり、これからずっとキメを整えたまま快適に過ごせます。

BAD!
アスタリフトよりナチュラルな印象を受けるでしょうが、実際はETVOSのほうがゴチャゴチャ入っていてリスクがあります。ピリピリとかはまず大丈夫ですが、自覚しないレベルの微細な刺激を植物エキスから受け、それがターンオーバーに影響する可能性もないとは言えません。ただ非常に低確率、仮にそうでも優秀なセラミドによってマイナス要素は打ち消されるでしょう。おすすめです。

1ヶ月3,500円・超あっさり夏・冬両対応

KOSE 米肌のトライアルセット画像
  • 医薬部外品(ライスパワーエキスNo.11)
  • 同成分ライバルコスメより潤い高め
  • 超あっさりでベタつき知らず(クリームでさえ)
  • 化粧水・美容液・クリームのどれでも1つ使えばO.K.
  • 定期購入で実質25%OFF(大手ブランドでは超珍しいコスパ)
  • 化粧水と美容液はエタノール量が多い

GOOD!
セラミドを増やす作用があるライスパワーエキスNo.11のコスメ。同種の似たブランドがいくつかありますが、米肌が一番万能で使いやすいです。独自の発酵保湿成分追加で他より潤いがしっかり。ですがベタつきのなさはしっかりキープ。KOSE側は夏用にゲルもラインナップしていますが、男性でもクリームを夏場に使っても平気なくらいです。非常に使いやすいし、じわじわとキメに対する実感がくるのが分かります。

BAD!
目立った不安要素はありませんが、化粧水と美容液はエタノール主体。爽やかで使いやすいものの、エタノールが合わない人は避けたほうがいいでしょう。肌質が大丈夫でも、洗顔直後だとエタノールが刺激になりキメにマイナス要素となる可能性も。私はクリームだけ使っています。ヒト型セラミドの美容液+秋冬だけ仕上げに米肌クリーム。これで潤いもカサカサに寒い時期もキメ対策バッチリです。

1ヶ月6,000~8,000円・ニキビができやすい・オイリーな人向け

ニキビができやすい、オイリーな肌質の人はグリセリンを避けるとキメが整う可能性があります。

グリセリンがアクネ菌の餌となりやすく、肌質によっては毛穴を広げることになります。

ですがグリセリンフリーでキメを整えるだけのバリア機能に強いコスメはありません。そこでグリセリンが少量な化粧品を紹介。これはグリセリンがダメな人でもあまり反応しないので安心です。

かつ、グリセリン少量コスメに多い、乾燥がひどくなるのが全くありません。おすすめの高機能化粧水、そしてビタミンC、スクワラン3点使いがおすすめ。

もしくは、化粧水だけ、ビタミンC美容液だけでもキメ対策になります。

グリセリン少量なのに乾かない!すごい化粧水です

b.glen QuSomeローション
  • 化粧水だけで17時間保水
  • グリセリン少量のみ配合
  • 刺激性のある成分不使用
  • 独自技術QuSomeで乳液いらずの保湿力
  • 365日返品保証でDM・電話も一切なし
  • 若干サラッとし過ぎていて目の下や小鼻は付けづらい

GOOD!
グリセリンがほとんど入っていないのに保湿力が抜群。他のブランドではありえないほどの維持力です。乳液やクリームをベタベタ使わなくていいので、刺激も防げてニキビも避けられます。すぐに透明感も上がるので、キメが整っていくまでの間も鏡の前で不満を感じにくいのがいいところ。

BAD!
化粧水メインで保湿するには、若干テクスチャーが柔らかすぎる印象。でも不満というわけでもないですし、価格も見合ったどことか安いと感じます。特にデメリットは感じませんね。SK-IIに変わる高機能化粧水です。

どんなキメ化粧品とも相性がいい。予算に余裕があればぜひ

b.glen Cセラム
  • 17年間のロングセラー売上1位(同ブランド内)
  • オバジと同じピュアビタミン
  • オバジより優れた浸透維持技術
  • 刺激を感じにくい
  • オイルっぽい感じがしばらく残る

GOOD!
ビタミンC美容液の大半は効果を期待できません。誘導体で表記濃度より実質半分以下。効率もさらに半分。でもピュアビタミンならそのままダイレクトに作用します。bglenのビタミンC美容液は、他社ができないQuSome化で刺激もクリアしつつ最高率で肌に届けてくれます。これで化粧水だけでキメはバッチリ。

BAD!
つけると温もりを感じます。トロっとしたようなオイルのようなテクスチャー。しばらくオイル缶が残ってしまいますがオバジほどではなくて使いやすいですよ。

QuSome化粧水+で仕上げにスクワランが乾燥しません

HABA スクワラン
  • スクワランの代名詞ブランド
  • 1,500円で3ヶ月分の超コスパ
  • 不純物限りなくゼロの高品質
  • 小さい容器で人目を気にせず外でも使える
  • 容器が小さすぎてなくしやすい(笑)

GOOD!
人の皮脂に含まれるスクワレンを酸化しにくいようにしたのがスクワラン。肌のバリア機能に必要な成分で、まさしくキメ対策化粧品です。オイルですがサラッとしていて全くベタつきません。これ1滴で乾燥は大丈夫。テカらないし、肌負担もないしでキメを整えるには最適中の最適解。

BAD!
安くてシンプルで言うことないのですが、容器が小さすぎて洗面所の隙間に落っこちたり(笑)かといって大きなサイズを買うとなかなか減らないしで困ったものです。